2009年10月22日

【28歳やさ男(仮名)】  『優しい男は女性から好かれないんでしょうか?』

いつも応援ありがとう。↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 長期恋愛へ にほんブログ村 恋愛ブログ 略奪愛へ


前回、前々回のメルマガを読んだ数人の男性読者から質問があった。
http://itimi-tougarashi.seesaa.net/archives/20091018-1.html
http://itimi-tougarashi.seesaa.net/archives/20091017-1.html

テーマは、優しくしてくれる今の男性を好きになる事が出来ない女性の心理についてだった。
ほぼ似たような質問だが、掲載の承諾をもらった「やさ男」さんの質問に答える。


【28歳 やさ男(仮名)】  『優しい男は女性から好かれないんでしょうか?』


どうしても確認したい事があってメールしました。

回答頂ければ幸いです。


17日発行『彼といると我侭になってしまう』と18日発行『アラサーの悩み、恋愛と結婚』についてです。

この二つの事例は本当なのでしょうか?
相談した二人の女性が特別な心理という事はありませんか?
女性は「優しい男」を好きになる事はないのでしょうか?


というのは、

私には会社の同期で仲の良い2つ下の女性がいます。
一緒に飲みに行ったり、二人でドライブや食事にも行きます。
でも、互いに恋愛感情は全くなく、ずっと友達関係を続けてきました。

冗談を言い合いながら相手の肩を叩いたり、身体を突き合ったりはしましたが、
男女のスキンシップというより、友達同士のじゃれあいみたいな感じだったのです。

その彼女が、1年程前から合コンで知り合った5歳年上の男性と付き合いはじめました。
とても幸せそうで、本当に笑顔が輝いていたのです。

その間も私達二人の関係は相変わらずで、飲みに行ってはノロケ話などを聞かされていました。
彼女から誘ってくるので、私も気に留めることなく一緒に遊びに行ったりもしました。


ところが3ヶ月ほど前、その男性の浮気が原因で彼女は手ひどいフラレ方をしたのです。

しかも彼は、彼女と私の関係を「浮気」と決め付け、逆に裏切られたのは自分だと彼女を一方的に責めたそうです。
その夜、泣きながら電話をしてきた彼女は「辛い」「苦しい」と訴えながら、「それでも彼の事が好き。」と言っていました。
その時、私はその男の事が許せない気持ちと、彼女が自分にとって大切な存在だと気がついたのです。


その後、二人で食事やのみに行く回数が増え、彼女にも笑顔が戻ってきました。

また、私との冗談の言い合いも自然にできるようになったように思えたのです。


そして先月、私はその気持ちを伝え、彼女に告白しました。

しかし、彼女の答えは、まだ彼のことが好きで、今はまだ私の気持ちに応えられない、というものでした。
私は、彼女はいずれ彼の事を忘れて私のことを好きになってくれる、と思っていました。
だから、彼女の答えを急かすようなことはせず、彼女の気持ちを尊重して今まで通りの付き合いを続けようと思っていたのです。



そんな時に、一味さんのメルマガを読んでショックを受けました。

私は常に女性に気を使い、尊重し、優しくしようと心がけています。
女性に優しくすることが、女性から好かれることだと考えていました。


私がどんなに優しくしても、彼女は元彼を忘れる事ができず、また、私のことを好きになってはくれないのでしょうか?


確かに、告白までの2ヶ月は、今まで以上に彼女に気を使い、優しく接してきたつもりです。

それでも彼女の気持ちは元彼を引きずっていました。


今後、私は彼女にどのように接したらいいのか判らなくなってしまいました。

お忙しいと思いますが、回答いただけたら幸いです。

【回答】
 


彼女も辛い状況だが、貴方も辛い立場だと思う。

前2回のメルマガでショックを受けたことはお詫びしたいが、内容についてはご理解いただきたい。


二人の女性の心理は、特殊な話でもおかしなことでもない。

基本的に女性は「一人の男性を愛し、愛されたい」ので、たいてい持っている心理なのだ。


ただ、誤解があっては困るので、改めて説明したい。

「優しさ」というのは、女性が求める男性の性質としてとても大きなものだ。
多くの女性は、男性に「優しさ」を求めている。
女性が優しい男性を嫌いになって、優しさのかけらもない男性に惚れる、ということではない。


今の段階では、彼女は貴方という存在を必要としているのは事実だろう。

今のままでも、彼女にとって貴方は「重要な存在」になっているのは間違いない。


厳しい言い方をすれば、

元カレに裏切られ、フラれてしまった心の傷や隙間を埋めるために貴方を利用しているのだが、
彼女自身、利用している自覚もないのではなかと思われる。
貴方は、性格的にも人柄も、よくいわれる「イイ人」で、彼女の望む「優しさ」を提供している。


ただ、多くの男性は、女性が惚れる「優しさ」を勘違いしている場合が多い。


どういうことかというと、

・ 彼女の都合に合わせて、愚痴や悩み、言いたいことを何時間でも聞き続ける。
・ 彼女の言う事を優先させ、自分のやるべき事を後回しにする。
・ 彼女の希望を全て受け入れ、その為に自分の時間と労力を厭わない。
・ 彼女が間違っていても否定せず、自分の考えや価値観を変えようとする。


貴方は、女性に対してこんな行動や応対をしている事はないだろうか?

もし、これらに該当するような事があったら要注意だ。
これらは、「彼女をお姫様扱い」すること。
つまり、貴方は「彼女の召使」になってしまっているということだ。
考えてみて頂きたい。
お姫様が召使に惚れる事があるだろうか?


映画や漫画の世界ならあるかもしれないが、現実にはありえないことだろう。


期限付き(「今日1日だけ」とか・・・)で、女性に対してこういう対応をするのは、遊びとしては面白いし、
彼女を喜ばせる事も出来るが、一事が万事この調子では、とてもじゃないが女性から惚れられるわけがない。

言葉を変えれば、女性は『優しい男』は好きになるが『軟弱な男』は嫌いだ。
上記に該当するような行動や態度は、女性から嫌われたくないと考える『軟弱な男』の言動だ。


上記の文章を改めて読み返せば、

「男としての生き方や自信を持たずに女性の気を引こうとしている行動」
と理解できるはずだ。
では、今後どうすればいいか、というと難しい。


貴方が彼女を突き放す事が出来れば、彼女は貴方の重要性を理解し、貴方の存在を失いたくないという言動に変わるだろう。

しかし、今の貴方にそういう行動が取れるとは思えない。
貴方の性格、彼女を好きという気持ちに気付いてしまった今の状態からしても、困難だろう。


それに、貴方の行動や彼女に対する態度を変えるのは、貴方自身が自己矛盾をおこす。


女性から「惚れられる」というのは、言葉一つ、行動一つで決まるものではない。


男性の見た目(イケメンとか身長が高いとかではない)、雰囲気、話し方、人間性、生き方等の総合評価だ。


知り合ってからの時間や期間すら、殆ど関係ない。

女性は、出会ってすぐに男性に対してその評価を下しているのだ。
その後、その女性の気持ちを育てるか、それっきりで枯らせてしまうかは、男性の態度に関わってくる。



とてもこの場で書ききれるものではない。


今後もこのメルマガを読んで頂くのがよいのだが、時間の無い方は他の本や質のよいマニュアルを参考にされたい。


筆者も研究の為にいくつか読んでいるが、以下のものなら大いに参考になるはずだ。

どちらも発売されてしばらく経つので、もう知っている人もいるかもしれない。
どちらもナンパの積み重ねで導き出したノウハウなので、実例と具体例に富んでいる。


横山建
90日でブサイクがかわいい女を落とす方法


加藤慎二
http://www.infotop.jp/click.php?aid=120741&iid=15406
■5人以上の女とセックスできるか試すことができます■ 加藤慎二のRomantic Secrets
(こちらは30ページの無料マニュアルから)


「情報マニュアル」というと、注目を集めるために過激なタイトルをつける場合が多く、この2つもその例に外れていない。

タイトルだけに眼をむけて読むと、その内容を理解しきれない事があるので注意が必要だ。


また、セックスにおける「優しさ」を身につけるにはこんなものがある。

現役AV男優が教えるセックステクニック


男優歴16年の「ピエール剣」氏のプライベートテクニックを図解と写真で解説している。

 

略奪したくなるほどの激しい恋愛>略奪愛

★☆★☆★ 人気のマニュアル ★☆★☆★ ●3秒でポジティブになる魔法の本●
ポジティブになる方法を知りたい人にお勧め。
残念なことに、人気のために予定数が売り切れてしまい、値上げされてしまった。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=120741&iid=28501
簡単に、3秒でポジティブな気持ちや明るい気持ちになれる方法が多数紹介されている。


●『復活愛の方法・復縁ガイドブック』●

相手に魅力を感じて好きになったのだから別れても「復縁」を望むのは当然。
些細なことが原因で別れても、焦って復縁を迫れば、嫌われることになる。
「逃げれば追う、追えば逃げる」が男と女の魅力の仕組みだから。
やってはいけない事と復縁までの手順、相手を引き戻す『○○』が判りやすい。

『復活愛の方法・復縁ガイドブック』
http://www.infotop.jp/click.php?aid=120741&iid=24600/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
posted by いちみとうがらし at 16:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130923369
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。