2009年10月06日

【26歳OL】  『彼は私を騙していたのでしょうか?』


今、本当に苦しいです。悲しいです。
彼の言葉は本心なのでしょうか?


私は26歳のOL、彼は29歳で結構有名な会社に勤めています。

3年前に合コンで知り合い、付き合いが始まりました。
3回目のデートでホテルに行き、その後は彼が私の部屋に来るという関係が中心になりました。

お互い口数はかなり少ないです。お互いに深い話は一切しません。
だから楽しい会話があるとか、何か相談しあう訳でもないんです。
でも、私は幸せでした。逆に沈黙が心地よかった。
好きとか言ってくれないし、そんなに優しくしてくれる訳でもない。
2〜3日に一度は連絡くれて、来ても毎回エッチするわけでもなく、ご飯食べてTV観てマッタリダラダラして過ごして。
どちらかと言えば、何でもかんでも無理やり強引に喧嘩に持ち込んで怒り出しますような彼です。
でも、喧嘩もよくしたけど、またすぐ仲直りして通い続けてくれました。
 

最近、些細な事から大喧嘩に発展しました。

私が「もう来ないで」って、心にもない事を言って相手を怒らせたのも事実です。

最後に彼は、
「教えてやるよ!本命の彼女と都合が合わない時に、暇だったから遊びに行ってただけだ!」
と言い残して帰っていきました。

  酷すぎます。

でも、もうこの一言で何が何だかわからなくなりました。

あまりうるさい事を言わず、彼に何も要求しない便利な女だから通ってきてくれたのでしょうか?
今までの3年間は、いったい何だったのでしょうか?
私は、彼に今までずっと騙されていたんでしょうか?
 



【回答】


 
彼の最後の言葉は酷いな。
貴女の辛い気持ち、悲しみはよく判る。
だが、怒りにまかせての捨て台詞とはいえ、事実がなければそんなことは言わないだろう。
 
しかし、貴女が誤解している点もある。

『彼は貴女を騙していないし、貴女は騙されたわけではない。』

二人の間で、3年間の時間があったのは紛れもない事実のはずだ。
その間、喧嘩もしたろうし、イチャイチャしたこともあったろう。
彼にとっては、まったりダラダラと過ごせる貴女との空間と時間は居心地の良い場所だったのだと思う。
彼には貴女の存在が必要であり、貴女も彼の愛を感じることが出来ただろう。
そして、その空間と時間の中では、実際、愛されていたのだ。
 

多くの人は、彼のような男の行動は、女性を「騙している」と考える人もいるかもしれない。
たしかに将来を考えれば、こういう男性との恋愛がハッピーエンドになる率は低いだろう。
しかし、二人の3年間の時間は現実の体験なのだから、その3年間まで否定する必要はない。
 


とはいえ、今後どうするかが重要だ。


貴女が彼の二股を知ってしまった以上、今までのような気持ちで、彼と「空間と時間」を共有することは難しい。
当たり前だが、別れるという選択肢が一つ。
そして、このまま付き会い続けるという選択肢もある。


「彼を失ったら自分が淋しい、一人は辛い」という気持ちなら付き会い続けるのは止めた方がイイ。
一緒にいるだけで、彼の言葉を聞き、顔を見るたびに辛さが増すだけだ。

付き会い続けるなら、
「彼といる事で自分が磨かれる、輝くことが出来る。自分がもっと魅力的になるために彼を利用してやろう。」
という気持ちと覚悟が必要だ。

どういう選択をするかは、貴女の心に訊いてみればイイだろう。
 


最後に余計なことだが、貴女に欠けていたことは、彼の身辺調査と二人の将来に対する彼の考えを確認する事だ。
もっとも、これは結婚を考えない場合はどうでもいいことだが。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実に久しぶりの更新です。
お待ちいただいていた皆様には深くお詫び申し上げます。
この間、お問合せや励ましのメールを頂いた方にもこの場をお借りしてお礼申し上げます。
今後は、無理のないペースで、間が開き過ぎないように更新していきたいと思いますので、今後ともご愛読頂ければ幸いです。
また、皆様からの相談も受け付けております。
「掲載しないで。」と書いて頂ければ、ブログやメルマガに載せずに、個人的に回答だけ送りますので、
遠慮なくご相談下さい。
今後とも「貴女の魅力を100倍にする恋愛術」をよろしくお願いします。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ラベル:浮気 二股 喧嘩
posted by いちみとうがらし at 16:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 浮気男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。